読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NATURAL LADY'S LIFE

自然に美しく、自然に優しく

MENU

熊本地震を受けて私達が今するべきこと

2016年4月14日誰もが予期していなかった熊本地震、そして翌15日余震の後に襲い掛かった本震。死者49名、負傷者1500名もの犠牲者。東日本大震災や鬼怒川などの復興も中途であるところに、新たに悲惨な自然災害が起きてしまいました。

被災されてしまった皆様方には、心より深くお見舞いを申し上げます。

今、私に出来ることはなんなのか、自分なりに考えたことを備忘録として書き記しておきたいと思います。

1. 自分自身の防災について考える

私は今回の熊本地震を受け完全に「しまった・・・」と思いました。
いざ私の身に同じ災害が起きたとしたら、避難できたとしてもかなり脆弱な状態であったことと思います。そして、もしかしたら愛猫とも離れ離れになっていたかもしれません。完全に気を抜いていた・・・と、猛省しています。
自分の住んで居る地域に限って大きな地震なんて大丈夫、と根拠のないことを心のどこかで考えていました。それは九州も同じでした。今回の熊本・大分での大地震に関しては私も生きた心地がしていません・・・。

自分の地域で自然災害が起こる前提で

日本どこにいても自然災害から逃れることはできません。地震だけではありません。噴火、洪水、雪崩、土砂崩れ、台風、どの災害も人の命を奪っていきます。自分が住んでいる地域がどのような災害に遭うリスクがあるのか、特性をまずしっかりと知り、それぞれについて対策する必要があります。自治体の防災情報などを必ず確認しましょう。

シミュレーションする

今回のような地震が起きたとして、どう家屋から避難するのか、寝ている時に地震が来たらどうするのか、職場に居たらどうするのか、いざ避難する時に咄嗟に何を持ち出せばいいのか、など色んな場面(特に最悪な場面)を想定して備えましょう。

家族と連絡手段をよく話し合う

被災してしまった際には家族同士どのように連絡を取り合うのか、どこに身を寄せるのか、利用できる身の回りの社会資源などについても共有しておきましょう。

ペットと一緒に逃げる準備も

毎回多くのペットが置いていかれたり、どこかへ預けられたり、一緒に避難したものの避難所に入れず大変な想いをするなどペット連れの家族にとっては防災における大事な課題の一つです。犬や猫のことを考えると必ず一緒に逃げてほしいです。環境の激変にストレスを貯めやすく体調を壊しやすくなるペットのために、快適に過ごさせてあげるための必要備品なども人間の防災グッズ同様しっかりと用意しておきたいものです。また、ペット用の支援物資を受け取ることは被災時非常に難しいので余分なくらいに備えておかなければなりません

2. 社会生活(生産活動・消費活動)を頑張る

世間はなんとなく自粛モード。

でも利他的な(誰かの役に立つような)活動さえも自粛してはいけません。私達国民一人一人の安定した生活が国全体を支え、経済を支えることになります。自分の仕事、社会的責任を全うすることをはじめとして様々な生産活動を平常運行で続けることが何よりも大事なことだと思います!

あたりまえの生活ができることに感謝して経済を回しましょう!

3. 支援金・義援金の募金をする

まず、避難している方の状態が安定するまでは支援金(救援や復興に役立てられるお金)募金しましょう。少し落ち着きを取り戻してきた後には義援金の寄付をお願いしたいです。
※支援金と義援金の違いは以下を参照

自分の気持ちを現地に届けるため

 硬貨数枚分でも構いません。 支援したいと思う暖かい気持ちは何ものにも勝るもので、支援金は募金先を間違えなければ、最も効率よく私達の気持ちを現地に運んでくれます。

自分の関心を現地に寄せるため

 少なくとも私は、自分が寄付した泣けなしのお金が実際にどのように使われるのかなど自分が支援した活動のその後の情報が気になります。自ずと周辺情報へのアンテナを持つことになるので、熊本地震の今後の展開・復興に対して自分の関心を常に寄せておくためにも様々なところに寄付をしようと考えています。

支援金・義援金募集元

☆熊本県 平成28年度熊本地震義援金
(公式報道資料)https://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx…

☆日本赤十字社 平成28年熊本地震災害義援金
(公式HP)http://www.jrc.or.jp/contribute/help/28/

☆中央共同募金会(赤い羽根共同募金)平成28年熊本地震災害義援金
(公式HP)http://www.akaihane.or.jp/topics/detail/id/399/

☆スマートサプライ
(払込方法)クレジットカード
(公式HP) https://smart-supply.org/#/20160414

☆Yahoo!基金

(払込方法) クレジットカード・Tポイント(1ポイント=1円)
(公式HP) http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630023/

☆楽天クラッチ募金 熊本地震被害支援募金

(払込方法) 楽天スーパーポイント(1ポイント=1円)・楽天カード・楽天Edy・楽天銀行振込
(公式HP) http://corp.rakuten.co.jp/…/contributi…/kumamoto_201604.html

☆日本財団 災害復興支援特別基金 平成28年熊本地震
(払込方法)クレジットカード(VISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERS)、銀行振込
(公式HP) https://kifu.www.nippon-foundation.or.jp/kmeq/index.html

☆全日本空輸(ANA)平成28年熊本地震への支援
(対象)ANAマイレージクラブ会員
(受付内容)1口3,000マイル(3,000円相当)、1口単位の受付
(寄付先) 日本赤十字社
(公式HP)http://www.ana.co.jp/group/pr/201604/20160415-2.html

☆日本航空(JAL)
(対象)JALマイレージバンク会員限定
(受付内容)1口3,000マイル(3,000円相当)、1口単位の受付
(寄付先) 社会福祉法人 中央共同募金会(赤い羽根募金)
(公式HP)http://www.jal.co.jp/jalmile/use/charity/ 

ふるさと納税を通して寄付

経費節約のためにふるさと納税したいという方は、ぜひ、見返りを求めすぎずに寄付していただけたら幸いです。

www.furusato-tax.jp

www.satofull.jp

4. 熊本の産業を応援する

支援金や義援金が被災者に届けられるまでには非常に長い時間がかかります。

熊本の一刻も早い復興のためには地元産業が活発化することがとても重要な要素となってきます。何故なら、震災を受けた今、常時お金を稼がないと生活できない人ばかりだからです。

お取り寄せ通販サイト くまもと風土

熊本のあらゆる名産品のお取り寄せ通販サイトで、売上の一部を被災地に寄付するキャンペーン活動中です

www.kumamoto-food.com

熊本グルメ市場

熊本の農産物を中心としたお取り寄せ通販サイトです

www.kumamoto-gurume.com

熊本大嶌屋

現地の生産者を支援すべく被災直後より絶えず運営を行っている、農産物を中心に熊本特産物の通販を行っている会社

oshimaya.jp

「熊本を通販大国にしよう」サイト

熊本県内で通販を通した販売を行っている業者のリンク集となっています。被災された熊本の生産者さん方をぜひ応援しましょう!

hpgjp.main.jp 

Amazon

Amazonでも熊本製品を購入することができます。日々の買い物に熊本製品をプラスして熊本を応援しましょう!

Amazonで熊本製品を探す

5. 正しい情報のシェアに努め友人に知らせる

友人のそのまた友人に向けて

私達一人一人の支援は非常に僅かなものではあるからこそ、周囲にはたらきかけましょう。ただ情報をシェアするだけではなく、現地への想いを添えて。

SNSの無限な「つながり」を信じて、余力のある方は最新の正しく有用な情報を吟味して発信しましょう。

自他の防災意識を高めるため

熊本に友人も知人もいないしシェアする意味がないと考えていらっしゃる方もいるかもしれませんが、被災状況のタイムラインや実際の震災時の様々な情報を見聞することで私たち自身が将来の自身の防災に役立てることができます。避難所での健康管理法や、震災時の社会資源の利用の仕方など、平常時では基本的には知る由もない情報が現在溢れています。

また、政府・自治体・個人レベルでの対応に客観的に課題を見出すことも私たちの大事な勤めだと私は思います。

この機会に防災意識を高め、私たちの将来のために備えましょう。